Return to site

モチーフ2.「森小弁」

森小弁(もり・こべん、1869-1945)は『冒険ダン吉』のモデルではないかと噂された人物です(※)。高知県出身で、若い時代は自由民権運動に傾倒するも挫折し、当時盛り上がった東南アジアやオセアニアへの勢力拡大を図る南進論の影響をうけて経済による南洋を目指しました。南洋のトラック島へ渡った森小弁は、実業家として成功を果たしていきました。森小弁は島の住民にとっては異端であり攻撃される危険と隣り合わせでしたが、現地に溶け込むために、首長の娘を妻にとり現地と同じものを食べて生活をしていたと言われています。それでも彼の子息に対してはトラック人としてではなく日本人として育てたとも伝えられています。
森小弁が南洋へ渡り、その土地でどのような体験し、何を思ったのか、非常に興味深いです。

(※)実際には、森小弁がダン吉のモデルであるという事実は確認されていません。
                                                                                                                                                参考

日本における「南洋」の形成ー森小弁の場合を例にしてー

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly